gamers' hideout

menu

Banner: j.dotsky's rat-life
Meet an Author!

Stolen Song (ストールンソング)

Stolen Song Cover Art or Title Screen
Platform PlayStation
Developer Virtual Music Entertainment
Publisher SCEI
Released May 21 1998
Genre Rythm Action

© 1998 Virtual Music Entertainment Inc.

ギタリスト布袋寅泰をフィーチャーしたリズムアクション

ギターピックを模した専用コントローラ "V-Pick" を使用し、曲と共に画面上を流れる波形に合わせピッキング操作を行なう事で、ギター演奏を疑似体験できる。この操作自体はワンアクションなので、標準ゲームパッドによるボタン操作も可能だ。また同システムのゲームとしては、Aerosmith をフィーチャーした "Quest for Fame" が先発しており、ナムコの業務用基板 "System 12" を使用したアップライト筐体も発売された。システム制作元の米 Virtual Music Entertainment は、2000 年にナムコに買収されている。
当タイトルのアーケード版は出ていないが Quest for... ともども、PC 版が発売されている。

ディスク二枚組で進むゲーム内容は、

近未来の都市 Tokyo でギタリストを目指す主人公が、コンピュータネットでのギターオーディションをきっかけに布袋と出会い、その後新曲を巡るトラブルで誘拐された布袋を追う…

というストーリー仕立てのムービーを中心に展開され、その合間合間にスタジオでの練習やライブ、ライバルとの勝負…などの形でギター演奏が入る。
布袋の他には彼のバンドメンバーやライバルキャラクタなども登場するが、そのキャラクタはいずれも妙に濃く、CG で構成された未来都市の背景映像と相まり、ある意味海外制作タイトルにふさわしい独特の空気が感じられる。
このストーリーモードの他、ドラムパートを加えて二人同時プレイを楽しめるモードもある。

収録されているのは "Radio! Radio! Radio!" や "Poison" などおなじみのナンバーと、ゲーム用に書き下ろされた "Fun3" を合わせた八曲。特に布袋ファンというわけでもなかった (BOØWY を齧った程度) 私にも曲はすんなり覚えられ、また前述のストーリーモードの愉快さもあって、そこそこ楽しめた。

a page from stolen song's paper manual
マニュアルより。人物はゲーム序盤のギターバトル司会者

< prev zombie
----

next zombie >
Studio P

page top